納得★ローン借り換えランキング

ローン審査が通らない理由

金融機関で融資を受けるには、審査が必要になります。融資額が多ければ多いほど、その審査も厳しく行われます。
一般的には、住宅ローンの審査など、厳しく見られる事も多く、住宅ローン審査が通らず、住宅購入をあきらめなければいけない人もいるほどです。
住宅ローン審査が通らない理由として個人信用情報機関に異動情報(返済事故情報)が登録されてあったり、属性が悪条件である事が考えられます。

移動情報(返済事故情報)とは、俗にいうブラックリストに載っているという事で、過去に合った債務を3カ月以上滞納していたりすると異動情報として登録されてしまいます。
その異動情報は、完済してから5年間は消えませんので、過去にそのような事実があった場合は完済してから5年後に申請しなければ審査には通りません。 そして、属性ですが、これは、現在の職場の勤続年数や年収、年令などがあげられます。

また、クレジットカードを複数枚持っている場合、そのクレジットカードの与信枠が現在の債務状況に反映されてしまう場合もあるため持っているだけで不利となる事があります。
その為、住宅ローン審査が通らない理由がクレジットカード所持による事を避けるため、不必要なクレジットカードは解約しておく必要があります。

参照サイト

カードローン審査徹底調査

審査に落ちたことのある人も始めてカードローンを利用する人も必見!審査に通るコツ、審査に通らない理由を徹底調査しました。下記は引用です。

”銀行カードローンは、すべての金融会社の中で一番低い金利で融資をしているので、その分他社よりも厳しい審査を行っています。
銀行カードローン審査が通らなかった人達の話を聞くと、他社からの借り入れ額が年収の30%近くある人もいるのですが、車のローンなどが含まれている場合は審査がOKになったケースもあるようです。”

銀行が行っているカードローンや消費者金融が行っているカードローンなどいろんなタイプのカードローンがあるので自分にあったカードローンを見つけてください。