納得★ローン借り換えランキング

住宅ローンを滞納すると

住宅購入にかかる金額はとても大きいため住宅ローンを組む事で、住宅も購入することが出来ます。
しかし、自分の収入に見合っていない住宅を購入してしまう人もいる為、住宅を手放してしまう事も最近ではよくあります。
それは住宅ローン難民とも呼ばれ、現在では社会問題にもなっています。

住宅ローンを滞納すると債権者、(この場合は銀行などの金融機関があげられますが)が債務者の住宅を競売にかけるか、任意売却をするように検討を促されます。
競売は、債務者は住宅の売却にあたって関与することが出来ず、自動的に売却をされてしまうというシステムです。
そして、競売では裁判所が関与します。任意売却とは、債権者と話し合ったうえで、売却を進めていくという方法です。
そして、競売とは異なり裁判所を通しません。任意売却であるなら、やり方次第では住宅をまた手元に戻す方法もありますが、競売にかけられたら有無も言わさず売却されますのでどうすることも出来ません。

せっかく購入した住宅を売却するという残念な話しを出来ればしたくはありませんが、住宅ローンを滞納すると、なれの果てがこの様な自体を引き起こしてしまうという事だけは頭に入れておいた方がいいと考えられます。
くれぐれも返済ミスなどにより、住宅を手放すことのないように普段から計画的に返済を行う事が重要ですね。